カンジダ治療に使われる薬|キウォフプラスやカンジダの薬が必要なら個人輸入代行サービス

カンジダ治療に使われる薬

オレンジの錠剤

カンジダの治療は男性がかかった場合と女性がかかった場合で、治療方法が少々異なっています。
男性の場合は性器を清潔に保ったうえで抗真菌薬の軟膏やクリームを性器に塗って治療を行っていきます。
男性がカンジダにかかる確率は低いですが、包茎だと感染率が上がってしまい、治療しても繰り返し症状が出る場合は包茎手術によって完治を目指す場合もあります。

女性の場合は膣錠や軟膏、経口錠を使用して治療を行っていくことになります。
膣錠を膣の奥へ挿入し、イミダゾール系の外用薬を塗って治療を行っていき、7日間ほど治療を続けていきます。
効果が得られないといった場合は追加でさらに治療を行ったり、検査を行って別の原因がないか探ったりすることもあります。

個人輸入代行サービスではカンジダの治療薬も購入することができます。
よく名前を聞くのがフォルカンというお薬ですが、このフォルカン以外にもニゾールというお薬があり、こちらのお薬も非常に頼りになります。
このニゾールはカンジダはもちろん、水虫やいんきんたむしにも有効なお薬で、有効成分であるケトコナゾールが真菌の主成分の生成を阻害し、増殖を抑えて死滅させてくれます。
カンジダだけでなく水虫などにも効果的のため、一つ購入しておくとカンジダだけでなく水虫になってしまったときにも、どうしようと頭を抱えなくて済みますね。
カンジダの治療に使う場合は一日に2錠、しっかりと飲んでカンジダを確実に治療していきましょう。